フォトウェディングに関する情報サイト

挙式をするカップルが前撮りや後撮りなどいわゆる別撮りと呼ばれる写真撮影をするのをウェディングフォトといいます。
一方、挙式をせずに写真を結婚の記念として、ドレスや着物を着て写真に残すのはフォトウェディングとなります。
写真だけでなく撮影後に家族を招いて食事をするというプランがある場合もありますが、両者は非常に紛らわしい言葉です。
サービスが全く異なりますので注意が必要ですし、明確に使い分ける必要があります。

フォトウェディングとは?挙式する人も撮るべき?

フォトウェディングとは?挙式する人も撮るべき? フォトウェディングとは挙式をする代わりに行う写真撮影のことです。
メリットは結婚式よりもお金や時間、手間がかからずに済むことでしょう。
前撮り、後撮りというのは結婚式を挙げるのが前提のことを指します。
すべてのカップルが結婚式を挙げるとは限りません。
中には結婚式は挙げずに入籍する人もいます。
挙式はしないけれどもウェディングドレスや着物は着たい、結婚した記念を残したいというカップルに向けの写真撮影がフォトウェディングということになります。
挙式をする人はフォトウェディングとは言わず、ウェディングフォトといいます。
紛らわしいですが、両者はきちんと使い分けましょう。
なお挙式をする人はフォトウェディングはせず、ウェディングフォトをしましょう。

フォトウェディングのスタジオを探すなら口コミを参考にするのがおすすめ

フォトウェディングのスタジオを探すなら口コミを参考にするのがおすすめ ゲストを呼んで挙式や披露宴をする予定がないので、写真だけの結婚式をしたいと考えている人もいるでしょう。
フォトウェディングをする際には、どこのスタジオに撮影を依頼するかが大切になります。
数多くのカメラマンがいる中から、高い技術を持っていてなおかつ相性の良い人に依頼するためには情報を集めて、よく比較して検討することをおすすめします。
情報を探す際には写真スタジオの公式の情報をチェックするとともに、利用したことがある人の口コミも参考にしてみると良いかも知れません。
というのも利用者の感想は、公式の情報からでは知ることが出来ないことも知れる可能性があるからです。
フォトウェディングを依頼する店を探すときには、まず希望のエリアに対応しているお店を探すことから始めると効率よく探せるはずです。
そうして候補となるお店をいくつかリストアップしたら、口コミを探してみましょう。
利用した人は様々な感想を持っていて良いものもあれば、悪いものもあります。
これらの感想を読む場合には、全てを鵜呑みにすることはありません。
情報の1つとして参考にすることをおすすめします。
あまり褒めすぎていたり悪く言いすぎたりしていて違和感があるものは、話半分に読むのが大切です。

世界中どこでも素敵な思い出の写真が撮影可能

フォトウェディングとは、結婚式は挙げないけれど、和装やドレスの衣装を着て写真を撮ることを指して言います。
フォトウェディングの大きなメリットとして、費用を抑えられることが挙げられますが、自分たちの気に入った場所で和装やドレスを着て思い出に残る写真を撮ることが出来ることから、人気を集めています。
例え結婚式を挙げなくても、日本だけではなく広い世界の中で素晴らしいロケーションをバックに素敵な写真を残すことが出来れば、とても素敵な思い出となります。
フォトスタジオだけではなく、結婚式場でもフォトウェディングのプランを提案していますので、自分たちの要望に合った撮影が可能かどうかや、衣装のラインナップが充実しているかなど、じっくり選ぶことが可能です。
また海外での撮影もできますので、結婚式を挙げる予定はないけれど、ハネムーンで海外に行く際に写真を残したいという方にもぴったりです。
海外でのフォトウェディングに対応しているブライダルサロンも多くありますので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

フォトウェディングはフォトグラファー選びも慎重に

新型コロナ感染拡大に伴い、人々が多く集まって会食したり、お酒を酌み交わすことが難しくなりました。
そのため結婚式も披露宴や挙式を行わず、フォトウェディングだけを行うカップルも多くなっています。
フォトウェディングとは結婚式の前撮りとも言われるものであり、婚礼衣装を身に着け素敵なロケーションで記念撮影をするものです。
ロケーションはチャペルやシーサイド、神社仏閣前や異人館など好きな場所でウェディングドレスや角隠しを身に着けて撮影できます。
はじめてデートした場所で記念撮影するのも素敵です。
フォトウェディングにおいては料金やロケーション選び、衣装選びが重視されがちです。
それと同時にフォトグラファー選びも重要視するべきだと言えます。
写真家によって感性や感覚、写真の構図などそれぞれ個性があります。
自分たちの歓声や好みに合った写真にしてもらうためにフォトグラファーの過去の実績やサンプル写真などを見せてもらい、よく吟味してえらぶべきです。

フォトウェディングの際にはデータ付きプランがおすすめ

フォトウェディングを実施するのであれば、データ付きプランを選ぶことがおすすめだと言えます。
写真やアルバムで受け取ることができればそれで良いと考える人もいるかもしれませんが、これがないことで困ってしまうケースは少なくありません。
たとえば、経年劣化で写真やアルバムがボロボロになってしまい、綺麗な状態のものを見ることができなくなるケースは少なくないです。
スタジオに結婚報告のハガキをつくってもらったものの、送り忘れた相手がいたので追加で作成を依頼しようとしたのに、期限切れでハガキの原本が消去されていたという問題が起こるケースもあります。
フォトウェディングの際にデータプランを選択しておけば、いつでも美しい写真を見ることができますし、追加でハガキやアルバムをつくりたい場合にも問題なく対応することが可能です。
とても魅力的なプランなので、フォトウェディングを行うときには積極的に利用を検討してみると良いでしょう。

セルフのフォトウェディングの利点や特徴とは

近年日本で人気となっているのがフォトウェディング であり、気軽で金銭面の負担も少ないなどあらゆる利点があります。
もちろん依頼先により必要となるトータル費用には違いがありますが、その際に注目しておくべき点となるのがどの部分までセルフかという点ではないでしょうか。
衣装の着付けやヘアメイクは自分たちで行うというところもあれば、撮影まで全て自分たちで実施するフォトウェディングも近年では増えつつあります。
撮影やヘアメイク、衣装などを自分たちで全て用意するとなれば、手間もかかりますがその分金銭面の負担はさらに軽減させることができるので、予算を抑えたい人にもぴったりです。
中には撮影を友人に頼んだり三脚を使用さして、自分たちのスマートフォンやカメラで撮影する人もいます。どの範囲までセルフで行えるのかは依頼先による違いもあるので、フォトウェディングを実施する際にはスタジオもしっかり比較して納得できるプランがある場所を選ぶようにしましょう。

神社でフォトウェディングを撮影するメリット

フォトウェディングとは写真で残す結婚式であり、最近では挙式や披露宴をする予定はないけれど一生に一度の夫婦2人の晴れ姿を記念写真として残したいと考えている方は少なくありません。
花嫁姿を親や祖父母など家族に見せたいというカップルに支持されているのがフォトウェディングの方法です。
また撮影場所や撮影時に身につける衣装も自由度が高いので、挙式はチャペルでドレスやタキシードを身に付けて行う予定だけれど、フォトウェディングは和装で撮影をしたいという方にもおすすめです。
神社での和装での撮影では、日本ならではの伝統的な背景や衣装を身に付けて撮影を行うことが出来るので、新婦は白無垢や色打掛など好きな衣装を選択し、新郎は紋付袴など神社での撮影にぴったりの衣装を着付けやヘアメイクまで対応してくれる強みがあることもメリットの一つです。
撮影のプランによっては、場所を移動して撮影を行ったり他の衣装に着替えて撮影を行うことも出来るので非常に自由度が高いです。

フォトウェディング参考画像

大阪 フォトウェディング